• mokumeosteopathy

膝は伸びないとダメ!

膝は伸びた状態で、靭帯が緊張するように出来てます。

なので膝がしっかり伸びることが出来ないと、歩くときに膝が安定せず、グラグラします。


だからといって、伸びないで曲がった膝を単純に真っすぐ伸ばそうと、太ももの裏の筋肉をストレッチするのはよくないです。


膝には伸びきる手前辺りから、少し外側に捩じれるような動きがあります。


これを「スクリューホームムーブメント(終末強制回旋運動)」っていうんですが、この動きを無視して伸ばそうとしても関節の正常な運動を邪魔してしまって、うまく伸ばせません💦

なので膝を伸ばそうとするときには、この動きが出る状態になっているかをしっかりと評価しないといけません。


一つ例を挙げると、座っているときに膝下が前に出てしまっている人なんかは膝が外に捩じれないため、まずは膝下が元の位置に戻るようにしないといけません。

この時、膝下が前に出ているのが大腿四頭筋という膝を伸ばすための筋肉の緊張が原因であれば、膝を伸ばすために膝を伸ばす筋肉を緩めるという、ちょっとややこしいことをします。


膝が伸びない原因が、単純に太もも裏の膝を曲げる筋肉が硬くなってしまっているだけなら普通にストレッチを行えばいいんですが、実際臨床ではそう単純に行かないことが多いです。


※もしこれを読まれている方で、膝を伸ばすストレッチをしているけど膝が伸びずに困っている方がおられたら、一度専門家にその原因を診てもらうことをお勧めします。




最新記事

すべて表示

美尻ブーム

世の中、美尻ブームですねー 一昔前なら「ウェイトトレーニング すると、筋肉がついてしこまる😑」なんて言われてましたが、テレビや雑誌の影響からか、積極的にウエイトトレーニングを導入してる女性は多いようです。 20年ほど前、元町のゴールドジムを初めてビジター利用した時に、海外の綺麗なモデルさんがフリーウエイトをやってたのを横目で見ながら、そのメリハリの効いた身体つきに感動したのを思い出します。 頭の

筋膜リリースやってみた

筋膜リリースは、少し前にTVでよく取り上げられてました📺 医学雑誌を見ていても特集が組まれてたりして、一般から専門職まで人気があるようです。 筋膜の解し方もいろいろあります。ゴリゴリやるのから触れておくだけのものまで。 理学療法士の間で流行ってるのもいくつか種類があるようです。 最近読んだ雑誌には、筋肉と筋肉の隙間を主に狙う方法が書かれてました。 知ったらすぐに試してみたくなる性格のため家族を実

© 2023 by The Health Spa. (著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • s-facebook
  • Twitter Metallic