© 2023 by The Health Spa. (著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

  • s-facebook
  • Twitter Metallic

​こんな想いで施術してます

 ぼくは幼いころからお腹が弱く、これまでに3回胃腸炎で入院を経験してきました。

 大人になったいまでも、季節の変わり目になると胃腸炎を起こしやすく、春先や秋口は気をつけています。

 また、野球をしている時には肩肘を立て続けに故障し、試合に出るどころかベンチ入りさえできず悔しい思いを経験してきました。

 そんな経験から、痛みや違和感に悩んでいる方々の気持ちはとてもよく分かります。オステオパシーでは深い部分まで施術し、根本へのアプローチを行うため、ある程度の施術頻度が必要となります。あせって早く良くなってもらおうと、施術が雑になることはあってはならない事ですが、出来る限り早く、出来る限り良くなってもらえるように考えて毎回の施術にあたっています。

 そして、これもぼくの幼少時の経験からですが、お腹が痛く背中を丸めて小さくなっている時、母が優しく手でお腹をさすってくれました。するとなんだか痛みが和らいで、いつのまにか眠ってしまっていました。

 オステオパシーはとても素晴らしい施術ですが、それを使う術者に相手を思う心が無ければ、全く効果のないものになってしまいます。心のこもっていない高等技術より、心がこもった手当ての方が身体にとっては大きな効果をもたらすことを身をもって知っているため、ぼくは一人一人の人生が良くなることを想いながら施術させて頂いています。